1. HomeアイコンHome
  2. News

「おおきいあかい クリフォード」がCGアニメ化。巨大なラブラドールレトリバーが主役というだけで期待爆大です

米国ではお馴染みの人気のアニメ「おおきいあかい クリフォード」(原題:Clifford the Big Red Dog)がCGアニメ化されます。
この赤く巨大なラブラドールレトリーバーは、日本ではあまり馴染みのないキャラクターですが、米国では1963年より親しまれてきた老舗キャラで、既に多くの書籍やTVシリーズのアニメがあり、2004年にはアニメ映画(Clifford's Really Big Movie)も公開されています。

クリフォードはどの国でも身近にいて、誰にも親しまれているオスのラブラドールレトリーバーです。でも、それがもし体長7.5メートル(映画では3メートルに縮小)もある巨大な犬だとしたら…という、実に映画的な発想から生まれたとしか思えないキャラクターなんだから、映画にならないわけはないですよね。
そう、あのリック・モラニス主演「ジャイアント・ベイビー」(1992年)と同じ発想です!クリフォードは、その大きさゆえ背中がかゆいときは街の信号機や家の外壁で背中を掻いたりするんです。犬が背中を掻くというだけで、かなりの笑いが取れそうではありませんか。犬小屋だって、人間の一戸建てより大きいんですから愉快です。

先日、配給元のパラマウント・ピクチャーズがこのティーザームービーを公開したところ、海外では「赤いのが不自然」という意見が多く、物議をかもしてしまいました。でも、もともとの原作はでは「赤い犬」なんですから赤くしないわけにはいきません。原作の絵本やキャンペーン用の着ぐるみのクリフォードはもっと真っ赤っかです。
実写版「アラジン」のウィル・スミス演じるジーニーが最初に公開されたときは、違和感を通り越した爆笑もので、ツイッターでは「青いウィル・スミス」と拡散されて大いに盛り上がり、その効果もあってか興行的には大成功となりました。クリフォードも話題性だけはいまから抜群といったところでしょうか。

主演のクリフォードの声は、多くのコメディ映画に出演しているデヴィッド・アラン・グリアが抜擢。クリフォードの友人(飼い主)である女の子は「ベンジー」(2018年)のダービー・キャンプが演じます。
監督は「アルビン4 それいけ!シマリス大作戦」のウォルト・ベッカー。米国公開は2021年9月17日の予定。現在のところ、日本公開と邦題は未定です。

追記

巨大レトリーバーが大暴れの最新予告編が公開

Clifford the Big Red Dog(原題)の予告編が公開されました。本記事の動画を差し替えましたので是非ご覧ください。子犬なのに巨大という矛盾がとても愉快です。

追記

デルタ株の感染拡大懸念から公開を延期

今年9月17日に米国で公開予定だった本作ですが、コロナウィルスの特にデルタ株による感染拡大の懸念から公開が延期となりました。現在のところ、新たな公開日は明らかになっていません。世界に先駆けてワクチン接種が進み、一見日常を取り戻しつつあるように見える米国ですが、まだまだ映画興行への影響は続きそうです。

追記

米国での公開日が11月10日に決定

公開が延期されていましたが、米国では2021年11月10に劇場と動画配信サービスParamount+で同時公開されることが決まりました。

出典:variety.com

記事タイトルとURLをコピーする